SSブログ

東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージの旅⑦ [ディズニーバケーションパッケージ]

バケーションパッケージ3日目の午後は、
ディズニーシーのグループツアー「ディズニーマジックの海へ」に参加!

昨日のプレミアムガイドツアーのガイドさんに、
「明日はグループツアーに参加するんです♪」
って言ったら、
「もっと詳しい話を聞くことができると思いますよ!」とおっしゃっていました。
一体どんなグループツアーなんでしょうかね~。
内容はざっくりと下記の通りです。

<ディズニーマジックの海へ>

最大12名のグループツアー

所要時間:約2時間半

料金:中学生以上 3,500円
   4歳~小学生以下 2,000円

アトラクション利用:シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ、タートル・トーク

ツアー特典①「レジェンド・オブ・ミシカ」または「ファンタズミック!」のどちらかを
        ガイドツアー専用鑑賞エリアから見られます。
         ※クリスマスシーズンのこの時期は「カラー・オブ・クリスマス」も選択出来ました。
      ②ミッキーマウスとの記念撮影
      ③ツアー参加証(ブルーのミッキー柄のバッヂ)プレゼント
      ④オリジナルイラストが注文できるフォトサービス


この日参加したゲストの皆さんは、
同世代のご夫婦1組とご年配ご夫婦2組と6歳の女の子が1人と私たちの合計9名でした。
ガイドさんの話しを聞くためのイヤホンと受信機をもらいます。
これにより、ガイドさんの傍から少し離れてしまっても説明がよく聞くことが出来ます。

シーには7つのテーマポートがあり、順番に巡って行きます。


これはザンビーニレストランの横にあるハーブ畑。
12月なのに柑橘が実っています!
年中、色んなハーブが育てられているそうですよ。
DSCF3907.jpg


ちょうど「レジェンド・オブ・ミシカ」が行われていました。
ガイドさんは泣くしぐさで「このショーは9月で終わってしまいます」とおっしゃっていました。
わ、残念!ちゃんと見たこと無いです。
見たい方は夏までに是非どうぞ!


ミステリアスアイランドのこの地面、
誰かが汚しちゃったのかと思いきや、これもまた物語のある汚れなんです。
地底などの研究をしている天才科学者ネモ船長の秘密基地があるミステリアスアイランド。
ここには「N」と書かれたネモ船長のヘリポートもあるんです。
で、この汚れはネモ船長のヘリの離着陸痕とオイル痕なのです~。
DSCF3908.jpg

ネモ船長って一体どんな顔なのか知りたい人は、「海底2万マイル」のスタンバイの途中で
その肖像画を見ることが出来るそうです。
しかしファストパスルートで行くと見られません!とのことでした。
そして、ミステリアスアイランドのキャストさんに、
胸の前で腕を「N」にして「モビリス!」と言うと「モビリ!」と返事をしてくれます。
「モビリス イン モビリ(mobilis in mobili)」=「変化をもって変化する」という意味だそうで、
この場所での特別な挨拶のようです。


マーメイドラグーンにやって来ました。
ここは人魚のアリエルとその仲間たちが暮らす海の世界。
そしてアリエルのお父さんであるトリトン王の王国もあります。
ガイドさんが教えてくれたのは、トリトン王がヒトデに与えた仕事の話。
DSCF3910.jpg

ヒトデたちは電球を支えて明かりを照らす仕事をしているのです!
是非とも上を見上げてヒトデたちの仕事ぶりをご覧ください。
DSCF3910-1.jpg



アラビアンコーストで「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」に乗ります!
DSCF3913.jpg

そしてグループツアー参加者は特別な入り口から入ります!
DSCF3914.jpg

この入り口を入るとすぐに乗り場があり驚きました。
シンドバッドと子トラのチャンドゥが最高の宝物を見つける旅を
船に乗ってゆったり巡るアトラクション。
音楽もとっても素敵で、途中バナナがたくさん出てくる場所ではバナナのいい香りが漂ってきます!
アトラクションから出る時も特別ルートで外へ。
出てすぐにジーニーに会いました!
DSCF3915.jpg



ロストリバーデルタでは、手入れされた木や植物の説明が。
ここは密林のように木の奥行きを出す工夫がされていて、枝の切り方も計算されているとの事。
そういうお仕事をしている人たちを「イマジニア」と呼んでいるそうです。
「イマジネーション」と「エンジニア」を足した言葉をウォルト・ディズニーが作りました。
イマジニアたちがパーク内を緻密に作っているのです。
で、隠れミッキーもイマジニアたちが作っているので、
どこにどんな隠れミッキーがあるのか、いくつあるのかは誰にも分からないそうです。
観賞用のパイナップルがありました。これもイマジニアが手入れをしています。
このエリアでは、落ち葉を少し残しておいて自然の風景に近づけているそうですよ。
DSCF3916.jpg

それから「絞め殺しの木」の説明も。
熱帯に生息するつる植物なんですが、その名の通り他の木に巻きついて
絞め殺すようにして成長するのだそうです。
DSCF3920.jpg


そしてこれが魔宮調査にやってきたインディ・ジョーンズ博士が乗ってきた水上飛行機。
博士が降り立った足跡もあるんですよ~。
DSCF3921.jpg



ポートディスカバリーから見えるプロメテウス火山。
ハーバーから見える火山はまだ出来立てな火山なので荒々しいのですが、
この場所から見える火山は年月が経った未来の姿になっていて、
岩肌もあまり険しくないそうです。
DSCF3923.jpg



アメリカンウォーターフロントにあるダッフィー専門店の近くでトイレ休憩。
それからS.S.コロンビア号の3階デッキへ。
すごく見晴らしが良い場所です!
船の下のステージで上演されている「テーブル・イズ・ウェイティング」で船長役を務めている
ミッキーが登場!!!
キャーー!カッコイイーー!!!
DSCF3927.jpg

何と私たちから記念撮影をさせてもらえることに☆
自分のカメラで1枚、カメラマンが数枚撮ってくれます。
(カメラマンの写真は有料で購入可)
撮影の前にミッキーにサインをお願いしたら快くOKしてくれました。
あらかじめ30周年記念ポストカードとペンを持参。
ミッキー、サイン中。どうもありがとう!!!
DSCF3931.jpg

ようやく撮影~。
ミッキーがハグしてくれたり肩を組んでくれたりすごくフレンドリーで感激でした!
しかしミッキーってちっちゃいですね。肩の位置を比べるとその小ささに驚きです。
DSCF3932.jpg



ミッキーと夢のようなひと時を過ごした後は、
タートル・トークへ。
このアトラクションもとても人気で90分待ちでしたが、私たちは特別な入り口から中へ。
DSCF3937.jpg

ウミガメのクラッシュに質問したりされたり。とにかくクラッシュが笑いを起こすのが上手!
クラッシュは何でも答えてくれるので色んな質問をしたいゲストは手を挙げて指名を待ちます。
「好きな色はなんですか?」とか「何歳ですか?」とか何でもOK。
子供から大人まで楽しめるアトラクションです。

さてこれでグループガイドツアーは終了です。
最後にガイドさんと記念撮影をして頂きお別れしました。
とても奥の深い説明をたくさん聞くことが出来てパークの楽しみ方がさらに分かりましたよ。
DSCF3938.jpg


そしてまた広場に行くことに。
昨日の日暮れ時に広場でファンカストさんに会えたので、今日も会えるんじゃないかと期待してみました。
そしたら居ました!やった~、H氏だ!!
DSCF3941.jpg

この人もすごい人気のファンカストさんですよね!
たくさんの人に囲まれていました。
DSCF3942.jpg

見せ方がとても上手!あっという間に彼の世界に引き込まれちゃいます。
お若いのに凄い人ですよね。彼のパフォーマンスが見られて本当に良かったです!
DSCF3949.jpg

音が鳴らずに泣いちゃうH氏動画どうぞ~。


さて、これからバケーションパッケージに組み込まれたショーの
「ファンタズミック!」を専用鑑賞エリアから楽しみます♪
その後、グループツアー特典の「カラー・オブ・クリスマス」も専用鑑賞エリアから見ちゃいます。

⑧へ続く~
 
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 3

にょぼる

うわぁファンカストさんだ!!すごいすごい会えてよかったですね!よかったよかった(*^ ^*)
ヒトデ君が明かりを支えているとは!初めて知りました(笑)まだまだ知識不足ですね・・・(> <)

そしてミッキーとのグリーティング!!羨ましい限り・・・(笑)
by にょぼる (2014-02-15 21:57) 

non

>にょぼるさん
コメントありがとうございます☆

この期間にファンカストさんに会えたのは本当にラッキーでした!
どうもありがとうございます!

ガイドさんが色んなことを教えてくれたのですが、専門的過ぎて記憶に留めることも出来ないお話しがありました。
(ディズニー映画の音楽を作っている人の名前とか全く覚えられませんでした)
随所にテーマパークの背景や物語を盛り込んだお話しをしてもらえてとっても楽しい時間でしたよ☆
ミッキーとゆっくりじっくり会えたこともとても感激でした!

次に行くとしたらシーの15周年とか20周年とかでしょうね。
ナカナカ行けないのでにょぼるさんのインパーク記事を楽しみにしています☆
by non (2014-02-16 17:42) 

Cialis generic

沒有醫生的處方
click now cialis from canada http://kawanboni.com/ Cialis great britain
by Cialis generic (2018-04-14 03:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

箱が好き寝姿 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます